PC&モバイル

Google Meet HIPAAに準拠していますか?

HIPAAの対象である(つまり、医療セクターに関与している)場合は、使用しているアプリのHIPAAコンプライアンスについて知っておく必要があります。その点で、GoogleMeetは確かにHIPAAに準拠しています。実際、GSuiteは完全に準拠しています。これには、Googleチャット、Google Meet、Googleドキュメント、Googleカレンダーなど、多くの便利なアプリが含まれます。

Google Meet HIPAAに準拠していますか?

HIPAAでGoogleMeetを使用するための詳細な概要と手順については、以下をお読みください。

要求事項

Google MeetはHIPAAに準拠していますが、それを維持するために従う必要のあるルールがあります。まず、Google G Suiteに登録し、プレミアムアカウントに関連付けてGoogleMeetを使用する必要があります。無料版のGoogleMeetはHIPAAに準拠していないことに注意してください。

次に、患者のPHI(保護された健康情報)を保護し、医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律を遵守するには、Googleとビジネスアソシエイト契約を結ぶ必要があります。

BAAをよく確認し、内容に同意すれば受け入れることができます。これを行うことができるのは、会社または組織が使用しているGSuiteアカウントの管理者である場合のみです。 BAAを受け取る方法は次のとおりです。

  1. Google管理コンソールにログインします。
  2. 会社概要を選択します。
  3. 次に、[もっと見る]、[法務とコンプライアンス]の順にタップします。
  4. HIPAABAAに関する[レビューして承認]ボタンを選択します。
  5. 質問に答え、BAAを受け入れます。 HIPAAの対象となる事業体である場合にのみ続行してください。

    グーグルミート

G SuiteHIPAAコンプライアンスのヒント

前のセクションのすべての要件を満たし、それに応じてすべてを完了した場合でも、実行する必要のある対策があります。 GSuiteのどの部分がHIPAAに準拠しているかを知っておく必要があります。

  1. Google Meet(以前のHangouts Meet)
  2. Googleドライブ(ドキュメント、フォーム、スプレッドシート、スライド)
  3. Gmail
  4. Googleサイト
  5. Google Keep
  6. Googleカレンダー
  7. Google Cloud Search

これらは完全にカバーされているアプリです。一部カバーされているアプリには、HIPAA準拠のテキストチャットのみを備えたGoogleハングアウトや、管理対象ユーザー専用のGoogleVoiceが含まれます。 G Suiteに関連するHIPAAコンプライアンスについて詳しく知るには、このドキュメントを参照してください。

これは、Googleが提供する公式のHIPAA実装ガイドです。それを注意深く読み、従業員と共有して、全員が正しい方向に進んでいるようにします。 BAAに署名し、HIPAA準拠のアプリ機能のみを使用することは、仕事の半分にすぎません。

PHIを常に安全に保つ必要があります。二要素認証と強力なパスワードを使用し、従業員に付与する権限を管理します。間違いが起こる可能性があるので、警戒を怠って自己満足してはいけません。

gスイート

GSuiteを最大限に活用する

Google Meetによって有効にされたビデオ会議に加えて、GSuiteは他の多くのHIPAA対象ツールをもたらします。 Googleハングアウトを使用したテキストメッセージがあります。そのVOIP、ビデオ、またはSMS機能を使用しないように注意してください。

Google Keepは、外出先で心配することなくすばやくメモを作成するためにあります。 Gmailは最高のメールクライアントの1つですが、GSuiteバージョンは無料バージョンよりも優れています。 G Suiteを使用すると、最大30ギガバイトの追加ストレージを利用できます。さらに、このバージョンのGmailは広告なしです。

Googleカレンダーは、チームとのシームレスな会議のスケジュール設定のために、GoogleMeetと組み合わせて使用​​するのが最適です。 GoogleドライブもHIPAAに準拠しており、さまざまなデバイスであらゆる種類のファイルを保存できる優れたストレージ機能です。次に、Googleドキュメントを使用してこれらのファイルを編集および表示できます。

リストは続きますが、あなたは要点を理解します。 G Suiteはパッケージ取引であり、HIPAAの対象となる事業体であれば、それを最大限に活用できます。

HIPAA準拠の会議

Google Meetを使用したオンラインビデオ会議は、特に患者、従業員、または顧客から物理的に離れている場合に非常に便利です。 HIPAAの対象となる事業体の場合、サービスが完全に対象となり、PHIを保護することが最も重要です。

G Suiteは、すべてが連携して動作するように構築された一連のすばらしいアプリを提供します。どのアプリがお気に入りですか?あなたはなんとかすべてを整頓することができましたか?以下のコメントセクションでお知らせください。