PC&モバイル

Googleスプレッドシートで丸めを無効にする方法

数値を扱うときは、正確な値を取得することが重要です。デフォルトでは、シートを適切にフォーマットしない限り、Googleスプレッドシートは入力された値の表示を上下に丸めます。

Googleスプレッドシートで丸めを無効にする方法

この記事では、正確な値を入力するために、Googleスプレッドシートの数値の丸めを停止する方法を説明します。

表示は丸められますが、値は残ります

最初に理解する必要があるのは、Googleスプレッドシートは数値を切り上げまたは切り下げているように見えますが、視覚的にしかそうしないということです。入力した数値の実際の値は変更されません。とはいえ、通貨としてフォーマットされたセルは、カスタムフォーマットされていない限り、デフォルトでは常に小数点以下2桁で表示されます。

グーグルシート

TRUNC()関数の使用

TRUNC()またはTruncateは、Googleスプレッドシートに組み込まれている関数で、切り上げや切り下げを行わずに小数点以下の桁数を表示できます。表示されていない小数点以下の桁数は値を保持し、表示されないだけです。これは、カスタムの数値形式を定義せずに正確な数値を表示する最も簡単な方法です。

その使用法も非常に簡単です。四捨五入されていない数値を表示するセルにスクリプトを入力するだけです。コードの構文は次のとおりです。

コードは「= TRUNC(Value、[Places])」です。ここで、

「=」は、これがフォーマットスクリプトであることをGoogleスプレッドシートに通知するコマンドラインです。

「TRUNC」は、入力されたものをすべて切り捨てることを決定するコマンドです。

「値」は、四捨五入されない、表示したい金額です。

「場所」は、表示したい小数点以下の桁数です。

例:切り上げまたは切り下げなしで123.45678を表示する場合、コードは= TRUNC(123.45678,5)になります。 123.456のみを表示する場合、コードは= TRUNC(123.45678,3)などになります。

もちろん、値セクションに変数を入力できるため、手動で数値を入力する必要はありません。たとえば、セルA1の数値を切り捨てて小数点以下5桁まで表示する場合、数式は= TRUNC(A1,5)になります。 2つのセルの合計の切り捨てられた値を表示する場合は、プロセスを= TRUNC(A1 + A2,5)として入力できます。

値は別のスクリプトにすることもできます。たとえば、いくつかのセルの合計A1からA10は、= SUM(A1:A10)と記述されます。小数点以下6桁に切り捨てて表示する場合、式は= TRUNC(SUM(A1:A10)、6)になります。エラーが発生しないように、2番目のプロセスでは等号を省略してください。

値は、別のシートにある数値にすることもできます。たとえば、シート2のセルA1の数値の切り捨てられた値を小数点以下5桁まで表示するとします。式は= TRUNC(Sheet2!A1,5)と入力できます。 「!」は、取得しようとしているデータが別のシートにあることを示します。たとえば、sheet2ではなくproductsなど、他のシートの名前が変更されている場合は、代わりに= TRUNC(products!A1,5)として数式を入力します。

数式を入力するときに使用する構文に注意してください。コードでは大文字と小文字が区別されない場合がありますが、コンマまたは括弧を誤って配置すると、関数はエラーを返します。 #NAMEエラーが発生した場合は、入力した値をGoogleスプレッドシートが見つけられないことを意味します。コードをクリックし、シートのすぐ上にある値ウィンドウを見て、コードを確認してください。これは長いテキストボックスです fx その右側にあります。セルに数式がある場合は、常にここに表示されます。

通貨のフォーマット

前に述べたように、通貨を表示するようにフォーマットされたセルは、特にフォーマットされていない限り、小数点以下2桁までしか表示されません。これを行うのはかなり簡単ですが、スプレッドシートを定期的に使用しない人にはわかりません。

切り上げも切り下げもされていない小数点以下2桁以上を表示するようにセルをフォーマットするには、次の手順を実行します。

  1. フォーマットするセルをクリックします。

  2. 上部のメニューバーの[フォーマット]メニューをクリックします。

  3. 番号にカーソルを合わせると、さらにオプションが表示されます。

  4. メニューの下部にある[その他の形式]にカーソルを合わせます。

  5. カスタム番号形式をクリックします。

  6. 使用する数値形式を入力します。

数値形式のリストには、いくつかのタイプと、各タイプを使用した場合の数値の表示方法が表示されます。通貨形式を使用する場合は、ハッシュタグの前に「$」と入力するだけです。たとえば、小数点以下3桁までの千単位の区切り文字で通貨を表示する場合は、「$#、####。###」と入力します。各ハッシュタグは潜在的な数を表します。必要に応じて、ハッシュタグの数を増減します。

[その他の形式]にカーソルを合わせたときに別の通貨を使用する場合は、[カスタム数値形式]ではなく[その他の通貨]を選択します。現在使用している通貨を変更してから、上記の手順に示されているようにカスタム数値形式の変更に進みます。

シンプルだがすぐには明らかではないツール

方法を知っていれば、Googleスプレッドシートで数値の正確な値を取得するのは非常に簡単です。 TRUNC()とカスタム数値形式オプションは、カジュアルなユーザーにはすぐにはわからないかもしれませんが、持っていると便利なツールです。

Googleスプレッドシートが特定の数値を丸めるのを防ぐ方法について他にヒントはありますか?以下のコメントセクションであなたの考えを共有してください。