PC&モバイル

ATI Radeon 4000シリーズ:完全な技術詳細レビュー

ATI Radeon 4000シリーズ:完全な技術詳細レビュー

画像1/2

it_photo_5876

it_photo_5875

1週間後 ATI Radeon HD 4850 最初にカバーを破ったAMDは、カードの完全な技術的詳細をリリースしました。そのハイエンドの兄弟であるRadeon HD 4870は、本日リリースされる予定です。

新しいシリーズを支えるRV770GPUは、古いHD3000シリーズにあるRV670と同じ55nmプロセスを使用します。驚くべきことに、コア速度はわずかに低下しています。HD4850は3850の666MHzと比較して625MHzで動作しますが、デュアルスロットHD4870の750MHzのコア速度はHD3870より25MHz遅くなります。

ただし、ATIはコアに多くの内部改善を加えており、メーカーはNvidiaの現在のハイエンドカードを飛躍させることができると主張しています。

800シェーダー

最も劇的な進展は、コアに統合されたストリームプロセッサ(またはシェーダー)の数の大幅な増加です。 HD 3870が320個のシェーダーを提供していたのに対し、HD 4850および4870は、10個のSIMDコアに分散された800個のシェーダーを備えています。

ATIが指摘し続けているように、これにより、両方のカードが1テラフロップス(1秒あたり1012浮動小数点演算)を超えることができ、最近のデュアルGPU PCBをも凌駕し、単一のコンシューマーボードでこれまでに提供された最大の並列コンピューティングパワーを表しています。 ATIとNvidiaの両方によって提供されます。比較すると、 Nvidia GeForce GTX 280 わずか240のストリームプロセッサを提供します。

クロスファイアパフォーマンス

ATIは、コア内だけでなく、複数のコアにわたるスケーラビリティにも焦点を当てています。同社の数値では、CrossFireモードで2つ目のGPUをインストールすると、Call of Juarezを含むさまざまなゲームで60%から90%の速度向上が見込まれます。 、 ストーカーおよびHalf-Life2。

ATIはまた、物理シミュレーションのスペシャリストであるHavokと協力して、HavokFX物理エンジンがHD4000シリーズのハードウェアを利用できるようにしています。目標は、2次または3次グラフィックカードが物理処理とグラフィックレンダリングを実行できるようにすることです。

特に注目されている3つ目の領域は、テクスチャユニットです。 RV770の40テクスチャユニットはRV670の16ユニットよりも大幅に増加していますが、GTX260が提供する64またはGTX280にある80よりもかなり少ない数です。

ただし、帯域幅を増やし、各ユニットが独自のL1キャッシュを持つように設計を再調整することにより、ATIはクロックあたり26.1テクセルのレンダリングレートを主張します。これはGTX280のほぼ2倍のレートです。

HDメディア

明らかにゲームに重点が置かれていますが、メディアアプリケーションもアップグレードされています。HDMIオーディオのサポートは、前世代の5.1から7.1に引き上げられました。 Unified Video Decoderも更新され、セカンダリビデオストリーム(Blu-rayピクチャーインピクチャーエクストラなど)をメインストリームと並行してデコードし、最終ビューに合成して、すべてGPUで直接実行できるようになりました。さらに、ドライバーはビデオトランスコーディングAPIを公開するようになり、サードパーティアプリケーションがさまざまなビデオ操作にGPUを使用できるようになりました。

GDDR5

4850にはGDDR3が同梱されていますが、新しいコアは4870バリアントに付属のGDDR5もサポートしています。 256ビットバス上で1.8GHzのストックRAMクロックは、約115GB /秒の実効メモリ帯域幅を提供します。これはGTX280の142GB /秒よりもわずかに遅いですが、512ビットバス上で1.1GHzGDDR3を使用することで実現されています。 ATIは、より狭いバスを使用することが、チップを簡素化し、コストと熱を抑えることができた方法の1つであると主張しています。