ガジェット

オンキヨーH500BTレビュー:これらの高解像度缶は素晴らしい聴き手です

オンキヨーH500BTレビュー:これらの高解像度缶は素晴らしい聴き手です

画像1/5

onkyo_h500bt_2

onkyo_h500bt_1
onkyo_h500bt_3
onkyo_h500bt_4
onkyo_h500bt_5
169ポンドレビュー時の価格関連する2018年のベストヘッドフォンを参照:今すぐ購入できる最高のオーバーイヤーおよびインイヤーヘッドフォンの14個Etymotic ER-4PTレビュー:明瞭さ、再定義

オンキヨーは、ハイエンドのヘッドホンについて考えるときに頭に浮かぶ最初の名前ではありません。ホームシネマレシーバーとサラウンドサウンドシステムでよく知られていますが、H500BTヘッドフォンは、基本的な30ポンドのインイヤーヘッドフォンから、最高級の230ポンドのオーバーイヤーH900Mユニットまで、幅広い範囲の一部です。

H500BTは、Onkyoの範囲のトップ近くに位置するオンイヤーモデルであり、ヘッドライン仕様はハイレゾオーディオのサポートです。これは何を意味するのでしょうか?簡単に言えば、H500BTは、正しいソースマテリアル(たとえば、96kHz以上のサンプルレートでエンコードされたMP3ファイル、WAVまたはFLACファイル)を使用して、7Hzから40kHzまでのオーディオトーンを表すことができます。ほとんどのヘッドホンは20kHzで最大になりますが、これは良いことですよね?

[ギャラリー:1]

必ずしも。まず、高解像度の再生を念頭に置いてエンコードおよび録音されたオーディオファイルを聞く必要があります。次に、ヘッドホンをケーブルで接続する必要があります(Bluetoothはハイレゾオーディオをサポートしていないため、ここでは23kHzにしか達しません)。次に、20kHzを超えるものを聞くには、非常に優れた耳が必要です。とにかくそれを下回っています。

[ギャラリー:2]

それでも、ラベルに関係なく、これらのワイヤレスヘッドフォンはまともなヘッドフォンのペアです。それらは快適で、メモリーフォームカップが耳の周りに快適でありながら驚くほどまともなサウンドシールを作成します。標準のSBCに加えて、aptXコーデックとAACコーデックの両方がサポートされているため、すべてのベースがその前面でカバーされます。右のカップの外側にはタッチセンサー式の表面があり、トラックをスキップしたり、音量を調整したり、一時停止したりできます。さらに、マイクが内蔵されているため、電話をかけることができます。また、シンプルで迅速なペアリングのためのNFCも備えています。

[ギャラリー:3]

最も重要なことは、音質が優れており、ローエンドのパンチがたくさんあり、ミッドバンドが豊かで、オーディオスペクトルの上限が十分に詳細になっていることです。これらのヘッドホンは、オーディオの表示方法を分析するものではありません。これらのヘッドホンでは、音楽は非常に暖かく心地よい音に聞こえ、真の羽毛布団で耳を包みますが、音の特徴に慣れると、非常に簡単に聞くことができます。

最も重要なことは、それらはバランスが取れていて、トップエンドで過度に低音や熱狂的に聞こえることは決してないということです。唯一の失望は、おそらくノイズキャンセリングの欠如ですが、この価格では、通常、ノイズキャンセリングまたはBluetoothワイヤレスのどちらかを選択します。両方ではありません。

あなたが求めているのは、素晴らしいサウンドのワイヤレスオンイヤーヘッドフォンの快適なペアだけである場合、OnkyoH500BTはかなりうまく適合します。

次を読む:2016年の最高のヘッドフォン–購入できる最高の缶のガイド