PC&モバイル

Windows10タスクバーを非表示にする方法

Windows 10タスクバーはデスクトップオペレーティングシステムの基本的な部分のように感じますが、実際には、簡単に交換および/または変更できるモジュラーコンポーネントです。タスクバーへの一般的なアプローチの1つは、この記事で説明するように、AquaDockなどのサードパーティのソフトウェアドックをインストールしてタスクバーを置き換えることです。

新しいタスクバーを追加する場合は、組み込みバージョンを実際に削除して、カスタムオプションと追加のソフトウェアに置き換えることをお勧めします。何を決めるにしても、この記事ではタスクバーを非表示にする方法を説明します。

Windows10でタスクバーを非表示にする方法

  1. タスクバーを完全に削除したり、新しいソフトウェアをインストールしたりせずに非表示にする場合は、タスクバーを右クリックして[ タスクバーの設定 メニューの下部にあります。 Windowsタスクバーの設定
  2. 次に、トグルスイッチをクリックして オン にとって デスクトップモードでタスクバーを自動的に非表示にする また タブレットモードでタスクバーを自動的に非表示にする、Windowsモードによって異なりますので、ウィンドウを閉じてください。 タスクバー設定ページ
  3. 以下に示すように、タスクバーがデスクトップから消えます。 Windowsデスクトップ

マウスがタスクバー領域上に1ミリ秒以上置かれると、タスクバーが再び表示され、マウスを動かすとすぐに再び非表示になります。

タスクバーを再表示する方法

ただし、これは自動非表示オプションであるため、タスクバーをすばやく復元できます。カーソルをデスクトップの下部に移動すると、タスクバーが再表示されます。そのため、ウィンドウを切り替えることができます。

  1. 自動非表示機能を無効にするには、上記の手順に従って、トグルスイッチをクリックしてに戻ります。 オフ. タスクバー設定ページ

ソフトウェアでタスクバーを隠す

サードパーティソフトウェアのホットキーを使用してタスクバーを削除することもできます。

タスクバーを非表示に使用してタスクバーを非表示にする

非表示タスクバーは、キーボードショートカットを押してタスクバーを削除できるようにするプログラムの1つです。

  1. クリック ダウンロード中 SoftpediaページのボタンをクリックしてZIPを保存します。
  2. 圧縮フォルダを開き、をクリックします すべて抽出 解凍します。解凍したフォルダで.exeを選択することで実行できます。
  3. プログラムには設定ウィンドウはありませんが、起動して実行するとシステムトレイにアイコンが表示されます。今すぐを押します Ctrl + Esc タスクバーを削除するためのホットキー。同じキーボードショートカットをもう一度押すことによってのみ、タスクバーを復元できます。
  4. ソフトウェアを閉じるには、アイコンを右クリックして選択する必要があります 出口.
taskbar4を削除します

タスクバーを非表示にするには、ホットキーのカスタマイズオプションは含まれていません。タスクバーのキーボードショートカットをカスタマイズおよび削除できる代替プログラムは、タスクバーコントロールです。 HTとほぼ同じように、このSoftpediaページからWindows10に追加できます。

タスクバーコントロールを使用してタスクバーを非表示にする

  1. ソフトウェアの実行中に、タスクバーコントロールシステムトレイアイコンを右クリックして、を選択する必要があります 設定 真下のウィンドウを開きます。タスクバーを削除する新しいホットキーを押します。クリック わかった ボタンをクリックし、新しいキーボードショートカットを押して、タスクバーを非表示にして復元します。
taskbar3を削除します

タスクバーとWindows10

これが、必要に応じてホットキーの有無にかかわらずタスクバーを削除する方法です。ここで取り上げるプログラムは、最新バージョンのWindowsと互換性があり、USBスティックに保存できるポータブルアプリでもあることに注意してください。 Windows 10は、独自のユーザーエクスペリエンスを選択して最適化できる機能が非常に豊富です。多くのうちのほんの一例として、Windows10でのマウス速度の変更に関する記事を確認してください。

以下のWindows10タスクバーであなたの考えや経験を共有してください。