PC&モバイル

Googleドキュメントでグラフを作成する方法

GoogleドキュメントとGoogleスプレッドシートは、MicrosoftのWordアプリとExcelアプリの優れた代替手段であることが証明されています。これらは無料で使用できますが、Microsoftのツールと比較して不足している機能がたくさんあります。

とにかく、ほとんどのユーザーは、これらのGoogleアプリの両方が日常のタスクを処理するのに十分機能していると感じています。そのようなタスクの1つは、テキストドキュメントにチャートやグラフを追加することです。残念ながら、Googleドキュメントで直接グラフを作成することはできませんが、そのためにはGoogleスプレッドシートを使用する必要があります。

Googleスプレッドシートを使用してグラフを挿入する理由

グラフは静的に見えるかもしれませんが、実際には非常に動的です。データを入力し、グラフの生成に使用するアプリを指定するだけです。

前述のように、これはGoogleスプレッドシートの領域です。スプレッドシートにデータを入力し、データを選択して、グラフを挿入するだけです。

PC、Mac、またはChromebookのGoogleドキュメントでグラフを作成する方法

グラフまたはチャートの作成

グラフやチャートをGoogleドキュメントに追加するのは、コンピューター上では非常に簡単です。手順には、GoogleドキュメントとGoogleスプレッドシートのドキュメントを開いて、それらを組み合わせることが含まれます。

  1. グラフを追加するGoogleドキュメントファイルを開きます。クリック ファイル トップメニューのタブ。
  2. 次に、をクリックします 新しい 左上隅にあるをクリックします スプレッドシート、新しいGoogleスプレッドシートファイルが開くのを待ちます。

3.新しいページがGoogleスプレッドシートに表示され、グラフに変換するデータをセルに入力します。

4.データを含むセルを選択し、[ 入れる トップメニューのタブ。

5.次に、をクリックします チャート.

これで、グラフがスプレッドシートに自動的に表示されます。

チャートをコピーする

キーボードコマンドを使用してデータをコピーすることもできます。 macOSユーザーは入力できます CMD + C、Windowsユーザーは使用できます CTRL + C.

クリックしてGoogleドキュメントに戻ることもできます 挿入>チャート。メニューの下部には シーツから オプション。それをタップすると、最新のグラフが表示されます(簡単に識別できるように、必ずGoogleスプレッドシートで名前を付けてください)。

グラフを貼り付ける(オプション)

Googleドキュメントファイルに戻り、グラフを配置する場所を右クリックします。キーボードショートカットを使用して、グラフをGoogleドキュメントに貼り付けます。 macOSは使用する必要があります CMD + V Windowsユーザーはクリックできますが CTRL + V.

貼り付けオプション

さて、 グラフを貼り付け メニューが表示されます。ここでは2つのオプションがあります。スプレッドシートへのリンクを保持するか、データにリンクせずにグラフを貼り付けることができます。グラフ上のデータポイントを変更する必要があると思われる場合は、リンクを保持する必要があります。

グラフを使用して、データを含むスプレッドシートを再度開いて操作することができます。一部の図を追加、削除、または単に変更して、グラフ上ですべてを自動的に更新することができます。

完了したら、をクリックします ペースト グラフがGoogleドキュメントファイルに表示されます。

チャートタイプの変更

以前にGoogleドキュメントに配置したグラフのグラフの種類を変更するには、最初にGoogleスプレッドシートでグラフを開く必要があります。変更するグラフを含むGoogleドキュメントを開くことから始めます。

  1. グラフをクリックしてハイライト表示します。

2.次に、をクリックします リンクアイコン.

3.次に、をクリックします オープンソース.

4.次に、エディターを開き、Googleスプレッドシートファイルが開くのを待ちます。表示されたら、変更するグラフをクリックします。グラフをダブルクリックするか、グラフの右上隅にある3本の縦線をクリックして、エディターを開くことができます。

5.をクリックします [設定]タブ 次に、をクリックします チャートタイプ のすぐ下にあるドロップダウンメニュー [設定]タブ。次に、データに最適なグラフの種類を選択します。

6.をクリックします アップデート Googleドキュメントで。

グラフをGoogleドキュメントにリンクすることを選択している限り、[更新]タブが表示されます。それをクリックすると、行った編集でグラフが更新されます。

折れ線グラフの作成方法

  1. デフォルトでは、Googleスプレッドシートはデータに最も適切なグラフの種類を選択します。折れ線グラフに変更する場合は、上記の手順1〜10を行ってください。
  2. 次に、下にスクロールして ライン ドロップダウンメニューのセクションで、最適な折れ線グラフを選択します。標準に加えて 折れ線グラフ、使用することもできます 滑らかな折れ線グラフ 各データポイントを接続するのではなく、線を滑らかにします。

棒グラフの作り方

  1. 前の2つのセクションと同様に、同じ手順を繰り返して、 チャートタイプ ドロップダウンメニュー。次に、下にスクロールして バー セクションを選択し、3つの利用可能なオプションのいずれかを選択します。 棒グラフ, 積み上げ棒グラフ, 100%積み上げ棒グラフ.

棒グラフは縦棒グラフに似ていますが、時間軸と金額軸が逆になっています。時間の数値はx軸に、金額はy軸に表示されます。積み上げ棒グラフは、すべてのカテゴリを1つの棒に結合し、各カテゴリは独自の色で表されます。

積み上げ棒グラフと同様に、100%積み上げ棒グラフもカテゴリを1つの棒に結合しますが、グラフに各カテゴリの合計のシェアが表示されることを除けば。

凡例の編集

  1. グラフの凡例を変更するには、まず、以下の手順1〜8に従います。 チャートタイプの変更.
  2. 開いたら チャートエディタメニュー、 クリック [カスタマイズ]タブ 下にスクロールして 伝説 セクション。
  3. ドロップダウンメニューをクリックすると、いくつかのオプションが表示されます。 ポジション 凡例をグラフの上、下、左、右、またはグラフの内側に配置できます。を選択して凡例を削除することもできます なし.
  4. 次に、フォントの種類、サイズ、色を選択して、説明を太字にしたり、斜体にしたりできます。

iPhoneまたはAndroidのGoogleドキュメントでグラフを作成する方法

グラフまたはチャートの作成

スマートフォンでGoogleドキュメントファイルにグラフを追加することは、パソコンで追加することとは少し異なります。 Googleスプレッドシートのモバイルアプリを使用してグラフを作成することはできますが、Googleドキュメントアプリを使用してグラフをドキュメントに追加することはできません。代わりに、ブラウザでGoogleドキュメントファイルを開いてから、以前にGoogleスプレッドシートで作成したグラフを追加する必要があります。

始める前に、まずスマートフォンに両方のアプリをインストールしてください。 Androidユーザーの場合は、Google Playストアにアクセスしてください:Google Docs、GoogleSheets。 iPhoneおよびiPadユーザーの場合は、AppleのApp Store(Google Docs、Google Sheets)にアクセスしてください。

最初のステップは、Googleドキュメントファイルに含めるグラフを作成することです。

  1. Googleスプレッドシートアプリを開きます。

  2. グラフデータをスプレッドシートに追加します。

  3. グラフデータを含むすべてのセルを選択します。

  4. をタップします + アプリのトップメニューにあるアイコン。

  5. 今、タップします チャート.

  6. アプリは自動的にチャートを作成します。必要に応じて、使用可能なパラメーターを変更できます。完了したら、左上隅のチェックマークアイコンをタップしてグラフを保存します。

次に、そのグラフをGoogleドキュメントファイルにインポートします。

  1. Googleドキュメントモバイルアプリを使用してドキュメントを作成します。

  2. 準備ができたら、お好みのブラウザを開いてgoogle.comにアクセスします。

  3. Googleドキュメントのメインページが表示されているはずです。デフォルトではモバイルビューに読み込まれるため、いくつかのオプションがありません。そのため、デスクトップビューで開きます。

  4. ブラウザのメニューボタンをタップして、オプションを探します デスクトップサイト, デスクトップバージョンを表示、 または類似。その横にあるチェックボックスをオンにすると、ページがフルデスクトップバージョンで自動的に再読み込みされます。ブラウザにデスクトップビューオプションがない場合は、いつでもGoogleChromeを使用してこのアクションを完了することができます。 AndroidとiOSの両方で利用できます。

  5. グラフを挿入するドキュメントの任意の場所をタップします。

  6. をタップします タブを挿入 トップメニューから。

  7. 次に、をタップします チャート.

  8. 次に、タップします シーツから.

  9. ポップアップウィンドウが表示され、グラフを含むすべてのGoogleスプレッドシートファイルが一覧表示されます。挿入するグラフが含まれているものをタップします。

  10. をタップします 選択する ポップアップの左下隅にあるボタン。

  11. 次に、挿入するグラフをタップします。スプレッドシートに複数のグラフが含まれている場合は、含まれているすべてのグラフが表示されます。

  12. をタップします 輸入 ポップアップの右下隅にあるボタン。

  13. 最後に、グラフがGoogleドキュメントファイルに表示されます。

チャートタイプの変更

  1. グラフの種類を変更するには、Googleスプレッドシートアプリも使用する必要があります。

  2. スマートフォンでGoogleスプレッドシートアプリを開きます。

  3. スプレッドシートのリストが表示されます。適切なスプレッドシートをタップします。

  4. スプレッドシートが開いたら、変更するグラフを見つけてタップします。

  5. オプションメニューのチャートをもう一度タップします。

  6. タップ チャートの編集>タイプ 次に、目的のチャートタイプを選択します。

完了したら、画面の左上隅にあるチェックマークをタップします。更新されたバージョンのグラフがスプレッドシートに表示されます。

これで、Googleドキュメントファイルを開いて、更新されたグラフを調べることができます。

折れ線グラフの作成方法

  1. 前のセクションのステップ1から6に従ってください。
  2. 使用可能なグラフのリストが表示されたら、使用可能な3つの折れ線グラフから1つを選択します。
  3. 完了したら、画面の左上隅にあるチェックマークをタップします。これで完了です。

棒グラフの作り方

このプロセスは、優先する棒グラフを選択することを除いて、前の2つの例と同じです。

凡例の編集

  1. Googleスプレッドシートのモバイルアプリでは、グラフに対する凡例の位置のみを変更できます。これを行うには、以下の手順1〜5に従います。 チャートタイプの変更 タップします 伝説 メニューにあります。
  2. 次に、オプションの1つを選択し、画面の左上隅にあるチェックマークをタップします。

追加のFAQ

Googleドキュメントでグラフを作成するためにGoogleスプレッドシートを使用する必要がありますか?

はい、グラフのデータを入力する唯一の方法は、Googleスプレッドシートを使用することです。 Googleドキュメントで直接グラフを作成できますが、グラフデータは一般的なものになります。そのため、データを編集するには、グラフのソースであるGoogleスプレッドシートファイルを開く必要があります。

デフォルトのチャートタイプを変更できますか?

残念ながら、デフォルトのグラフの種類はないため、変更することはできません。 Googleスプレッドシートは、該当するデータに基づいて、適用するグラフの種類を自動的に決定します。

各チャートタイプはいつ使用しますか?

折れ線グラフは、長期間にわたるデータの流れを観察するのに適しています。また、さまざまな値を比較したり、データの分布を理解したり、データの傾向を特定したりするのにも最適です。

縦棒グラフは、折れ線グラフとほぼ同じ用途です。唯一の違いは、列が各データポイントのサイズを明確に示していることです。

棒グラフは縦棒グラフと同じですが、データが水平方向に表示される点が異なります。このレイアウトは、ラベルに多くのテキストが含まれている場合に便利です。棒グラフのもう1つの優れた用途は、負の値を表示することです。これは、グラフがページ上の垂直方向のスペースをあまり占有しないためです。

円グラフは、全体の個々の部分の構成を、特にパーセンテージで表示するのに役立ちます。たとえば、Webサイトの訪問者が使用する各ブラウザタイプのシェアを表示する場合です。

グラフを楽しむ

Googleドキュメントファイルに動的グラフを追加する方法がわかったので、グラフの種類、レイアウト、外観をカスタマイズできます。 Excelとそれほど変わらないが、Googleのツールは、ほとんどのユーザーにとって実行可能なオプションであることを改めて証明している。

Googleドキュメントにグラフを追加できましたか?どのグラフタイプを最もよく使用しますか?以下のコメントセクションであなたの経験を共有してください。